PCサイトを見る

中村光希 ~新時代創造者~のホームページ

04複数人同時セッション

Session04 私の個人セッションは、対面者1名ずつの対話が基本になっています。 相談される話題が「個人の話題」「家族の話題」「大きな活動の話題」で多様にあり、個人の話題については周囲にたとえ近親者であっても言いづらい話などがあり、対話に適さないからです。

反対に近親者が居た方が話が進むものもあります。共通する多くの人を幸せに出来る意識段階の方達(意識格式で言うと6次元天界意識界上段階クラス)になると、個人のプライバシー的に気になる話題も薄くなり、それがあっても他の人に参考になれば嬉しいという意識になってきます。

その意識段階になると、沢山の同じ価値観レベル(同じ意識次元)の方達と同時に中村光希の対話空間(場所・時間)を体験することで 相乗効果が生まれ、個人の対話との比較で 2~3倍程度の経験・学習効果は出てきます。

現在は試行段階ですが、6次元天界意識界上段階クラスの ”自分の幸せが地上世界観的に形作られて来て” 自分の幸せを優先して願うより他の人の幸せを同じスピードで叶わせる意識段階の人達でかつ、その時期に同じ話題にシンクロ同調する方達の合同個人セッションを行う事も出来ます。

対価交換についてはその場所に於いての当方の実行に対する感謝量(労働支援・進呈・協力・金銭支援など)のエネルギー等価交換になりますが、お一人で体験できないものを個人の対話の感謝対価にて体験できると言う事があります。

理論的には
● 会場が落ち着いて静かであり
● 一定の格式グレードがあり
● 誰か特有の人の意思は混入しずらい場所

・・・個人の家ならその持ち主家族全員が6次元天界意識界の方達の場所は可能になります。
この条件が整うと容易に合同個人セッションも出来ます。

条件が揃っていなくても最適化で選ぶことも出来ます。

より高度な対話になればなるほど 参加者の調和と集合意識の高い会場が重要になります。

より上質なものがあれば同時に何人とも対話が可能になります。本質的な話をして、対話者の人間欲の話に左右されないモードで対話しますので、全員の話を隅から隅まで聞かなくても要点を話します。(2014年以降~は可能になっています。)

現在の私は過去の私とは別人格です。過去は調査の為に一般人間生活に紛れて余りに目立たないように生きています。


<複数人同時セッションの参加条件>

● 意識格式は6次元天界上段階を常時出来るような方
(意識の上下不安定は混乱要因になるので いくら上位の方でも心理の浮き沈みがあると対象外になります。)
● 対価は当人が受ける個人セッションの対価と同等程度
● 時間は個人セッションの時間×1.5倍程度の枠で複数人と対話します。
● 懇意のある方達の場合にはその後会食に行くことがあります。
● 直近に何か社会貢献の低い活動をしていないこと
● 3名程度の参加が基本で、上限4~5名まで


グループにしないでコントロールできる範囲は現在2014年6月時点では5人程度、将来は50人ぐらいは出来るようなセッティングがなされれば最大は可能です。

通常はその人数になると講座になると思います。
● 会場経費は余り掛からない場所で皆さん楽しめるものを選びます。
● エネルギー対価交換が釣り合えば複数人での 日帰り旅行やアトラクション+対話と言うのも実現可能です。


私(中村光希)は
”一般に個人セッションと思うような時間”
”会食の時間”
”移動の時間”
”読書の時間”
”ブログを書く時間”
”寝る時間”
でほとんど社会貢献度が変わりません。

ですからどの時間であっても同行する・会談すると全て個人セッション扱いになります。それはメール・LINE・SNSでも同じことです。

共有するエネルギー(時間や空間)があれば 対話しているのと同等の効果を持ちます。

05特殊事例のセッションページを見る

地球建て替え事業

世の中への働きかけ事業

その他

Copyright © NAKAMURA KOUKI